増えていること

新築の際導入する家庭が増えています

住宅を新築する際、またはリフォームする際にオール電化住宅にする家庭が増えています。オール電化住宅とは、住宅のエネルギーの供給を、ガスや石油などを使用せず、すべて電気でまかなっている住宅の事で、地球環境への配慮や、ランニングコストの安さから、多くの住宅メーカーや工務店が、オール電化住宅を推奨しています。すべてのエネルギー供給を電気で行うことで、請求も一元化できるため、支払いの管理もわかりやすく、又、太陽光発電システムと併用することで、日中太陽光で作った電力をつかって生活することのできる、自給自足のシステムが人気です。そのため、オール電化住宅にする場合、太陽光発電のシステムとして、ソーラーパネルを屋根に乗せる家庭が増えています。

家計に大きなメリットがあります

オール電化住宅は、電力会社との契約も、専用の契約をすることになります。オール電化向けのプランは、夜間の電気料金が割安となっているため、夜間の割安な電気料金で家電を使用することにより、家計にとってもメリットのあるシステムです。炊飯や食器洗い機、洗濯機やアイロンがけなどを夜間行うことによって、電気代が大幅に節約できることも、オール電化住宅にする方が増えている理由として挙げられるでしょう。オール電住宅は、エコキュートを導入している家庭が多く、夜間の割安な料金で給湯できることで、給湯にかかるコストを大幅に削減することができることや、キッチンでガスを使用しないため、火災のリスクが大幅に下がることも、メリットとして挙げることができます。